広島県ストリートダンス協会


_MG_0202.JPG

スポーツは人生をより豊かにし、充実したものとするとともに、明るく豊かで活力に満ちた社会の形式や個々人の心身の健全な発達に必要不可欠なものであり、人々が生涯にわたってスポーツに親しむことは極めて多いな意義を有しているとされています。

さらに、青少年の心身の健全な発達を促すほか、仲間や指導者との交流を通じてコミュニケーション能力を育成し、豊かな心と他人に対する思いやりを育むとともに、多様な価値観を認め合う機会を与えるなど、青少年の健全育成に資するだけでなく、人間関係の希薄化などの問題を抱えている地域社会の再生や国民の心身両面にわたる健康の保持増進にも大きく貢献する社会的意義を踏まえ、国を挙げてその促進を図っていくことが求められています。

こうした中にあって、「ダンス」は、年齢・性別を問わない、手軽で安全に楽しめる運動として、社会的な認知を受け始めるとともに、学校教育においても、平成24年度からは、中学校の保健体育で必修科目とされるなど、生涯スポーツの一つとして大きな役割が期待されているところです。

とりわけ、「ストリートダンス」の普及には目を見張るものがありますが、その一方で街中でたむろして踊っているという現実の姿とは全く違うイメージが付きまとっているのも事実です。

そこで我々は、こうした「ストリートダンス」に係る負のイメージを完全に払拭するとともに、文化、芸術としても大きく成長させるための活動を一致協力して講じ、「ストリートダンス」愛好者の技能向上や社会一般の理解と信頼を高めることに務める所存です。

また、ソーシャルダンスやエアロビクスなどの他の「ダンス」関係団体との連携や交流を図り、ダンスカルチャーの発展と拡大に向けた取り組みを強力に推進し、「ストリートダンス」を確立していく所存です。

このように、ストリートダンスの普及と発展が健全な青少年の育成、健康な地域作り、生涯スポーツの振興に大きく寄与するため、広島県ストリートダンス協会を結成します。



広島県ストリートダンス協会会長  鍋島 信雄