Kiichiさんが7月23日(土)に5年ぶり4枚目となるソロアルバム「The SWITCH」をひっさげワンマンライブ「HOT SWITCH in Hiroshima vol.1」をHIROSHIMA LIVE JUKEにて開催しました。日本各地からこの日を待ち望んだファンの前でアルバム曲を中心に19曲を歌い上げました!

「一番自分らしい曲だから」とバラード『切なくなるほど好きなのに』でライブがスタート。続いてダンサブルなナンバーを2曲披露し、Kiichiさんと大山愛未のコラボ曲『Umbrella』に。この曲ではなんと会場のお客さん全員が「大山愛未」として参加。事前に配られていた歌詞カードを見ながらKiichiさんとデュエットするというサプライズに会場は大盛り上がり。会場全員で新たな『Umbrella』を作り上げました。

ライブも中盤に入るころ、サポートメンバーとしてピアノMICHIKO、ギターOdawaraが登場。いきものがかりの『帰りたくなったよ』などカバー曲を含む4曲を丁寧に歌い上げ、会場を魅了した。バラードを歌い上げた後は、夏らしい曲『SUMMER SONG』の盆踊りバージョン!!??こぶしを利かせ演歌調に歌い上げるKiichiさんに会場は大爆笑。もちろんその後しっかりと『SUMMER SONG』を歌い上げ、会場を大いに沸かせました。

なんとこの日は宇品の花火大会。ちょうどアンコールの声とともに花火大会がスタート!アンコール曲『DANCE WITH ME』が終わっても花火の感動とライブの余韻に浸る会場にKiichiさんも予定になかった曲を即興で歌い出し、お客さんは大興奮!それを会場で見ていたサポートメンバーのmichiko.と小田原政広さんも会場の雰囲気に後押しされ急遽舞台にあがり、即興のコラボレーション!!会場を大いに湧かせ、大盛況のうちに幕を下ろしました。
 
このライブの模様は8月10日発行の「DANCETEX」にも掲載されるので要チェック♪